ヒメキンギョソウ

流通名 リナリア

オオバコ科リナリア属

学名 Linaria maroccana
英名 spurred snapdragon
分布 ヨーロッパ、アジア、北アメリカなど北半球の温帯
見頃 4月
場所 テラスガーデン

ヒメキンギョソウはLinaria属内の種間交雑で生まれた一年草園芸品種で、
欧米のカタログではLinaria maroccaとして扱われる場合が多いですが
Linaria bipartitaとされることもあります。花色が大変豊富です。
ゴマノハグサ科とされていましたが、最近のDNA分析を用いた新分類により
オオバコ科に変わりました。なおリナリア属はウンラン属とも呼ばれます。
一般に、秋播きして霜よけで越冬させます。日当たりと水はけの良い花壇に植えます。

作成:2010年4月21日

植物公園内で観賞することができる主な植物を紹介します。
紹介することが出来た植物はまだほんの一部ですが,
徐々に数を増やしていく予定です。

*無断の複製・転写を禁じます。
水戸市植物公園