水戸市植物公園 > 植物案内 >植物目録
クリスマスローズ(交雑種)
キンポウゲ科クリスマスローズ属





学名 Helleborus ×hybridus







分 布
時 期 2月下旬〜3月
場 所 喫茶フィオレンテ周辺
作成:2009.12.18
丈夫で育てやすく,耐寒性があり,花が少ない次期に開花するため冬から早春にかけて欠かすことの出来ない存在です。日本で一般的にクリスマスローズと呼ばれているのは,この交配種のグループで,無茎種の異なる原種を交雑させたものです。白,桃,赤,黄などの色,半八重咲,八重咲などの咲き方など,多くの花タイプがありますが,個別の種小名はなく,一括して“hybridus”として扱われます。