水戸市植物公園 > 植物案内 >植物目録
タイツリソウ(鯛釣草)
エンゴサク科コマクサ属





学名 Dicentra spectabilis



和名 ケマンソウ
    


分 布 中国,朝鮮半島の温帯
時 期 5月
場 所 薬草園
作成:2009.12.18
草丈40cm〜60cmになる多年草です。竿のように伸びた花序に1列の10数花を下垂させるように咲きます。半日陰で排水性がよく,保水力の肥大な土地を好みます。ケマンソウ(華鬘草)の名は,花が仏殿の装飾に似ていることによります。タイツリソウ(鯛釣草)の名は,花穂を釣竿で鯛を釣り上げるところにみたてたことによります。江戸時代の「花壇網目」(1681)や「花譜」(1694)には「花鬘」と記載されています。