園長の部屋

第53回 錦糸南天~小笠原先生をお迎えして

場 所 植物館

撮影日 平成26年1月12日

錦糸南天(琴糸南天)

学名:Nandina domestica var. capilliaris (メギ科)

平成26年1月12日(日)に、NHK「趣味の園芸」でおなじみの 小笠原 左衛門尉亮軒(さえもんのじょうりょうけん)先生をお招きして 「元禄時代に咲く花」という講演会を開催しました。

小笠原先生は、江戸の園芸文化に大変お詳しいです。 古典園芸のひとつである錦糸南天の展示会を開催中だったので、 会場で、錦糸南天および「江戸の園芸」の見どころなどを伺いました。

古典園芸植物のひとつ。葉は細く糸状で筏(いかだ)、奴(やっこ)、 緬(ちりめん)などの葉芸(はげい)があり、多数の園芸品種が区別されています。

葉形や葉色、草姿のわずかな変化に注目して、 それらをひとつの園芸文化に育て上げてきたのは 日本文化の特質と強い関わりがあるようです。

「江戸の園芸」は植物だけでなく、植物と鉢との調和が魅力だそうです。

水戸市植物公園では錦糸南天のほか巻柏(いわひば)、椿、 富貴蘭、さつき、セッコクなど様々な古典園芸植物の展示会を 季節ごとに開催しております。ぜひご観賞ください。

小笠原先生、園長の部屋へのご出演、ありがとうございました

みなさまのご来園を心よりお待ちしております。