園長の部屋

第51回 ゴシュユ

場 所 薬草園

撮影日 平成25年11月13日

ゴシュユ (別名:カラハジカミ)

中国原産の落葉低木です。江戸時代の享保年間に薬木として 日本に渡来したといわれていますが、平安時代には日本にあった可能性も あるようです。

雌雄異株の木ですが、日本にあるのは雌木だけで、 雄木はない(ほとんどが雌木で雄木はほとんどない)とされています。 雌木だけも果実はできますが、受粉しないため種子はできません。 水戸市植物公園のゴシュユも雌木です。

薬用部位は果実で生薬名は呉茱萸(ごしゅゆ)といいます。 未熟な果実を採集し日干しにして利用します。

別名のカラハジカミは辛いハジカミの意味です(ハジカミはサンショウの古名)。 また、ゴシュユのことをニセゴシュユと表現する場合もあります。 これはホンゴシュユ(Tetradium ruticarpum var. officinale)に対して使われる表現です。 ゴシュユとニセゴシュユは同じ植物をさしています。

呉茱萸(ごしゅゆ)という生薬のもとの植物としては ゴシュユのほかにホンゴシュユ なども用いられます。

水戸藩にまつわる薬草について、 水戸藩の医療・医学との関わりにふれながらまとめた 水戸市植物公園の薬草ガイドがついに完成しました。 是非ご覧ください。現在無料配布中です。

薬草園近くの池の周辺は(植物館前の池周辺)は ただいまラクウショウ(落羽松)の紅葉が見頃を迎えております。 植物館2階テラスからもご覧いただけます。ぜひご観賞ください。

みなさまのご来園を心よりお待ちしております。