第42回 チョウジソウ

場所 小池の脇

更新日 平成25年5月15日

チョウジソウ(丁字草)

「チョウジソウ」という名前の由来は2説あります。 「花を横から見た時の形にちなんで付けられた」という説と、 「チョウジノキの花蕾を乾燥させた香辛料クローブ(丁子)の形に チョウジソウの花蕾の形が似ていることから名付けられたと」いう説です。

チョウジソウはやや湿った所に生える多年草です。 茨城県にも自生しています。 小貝川のほとり、エノキやクヌギの林下などに 生育していますが、河川敷の工事などで 生育環境が悪化し、個体数が減少しています。 茨城県では絶滅の恐れがある「危急種」に 指定されています。

現在、水戸市植物公園の小池周辺で チョウジソウをご覧いただけます。

みなさまのご来園を心よりお待ちしております。