第33回 薬食同草~サラシナショウマ

場所 薬草園

更新日 平成24年11月2日

サラシナショウマ
サラシナショウマ

紅葉が始まる時期に、 薬草園では白いブラシのような花が現れます。 これはサラシナショウマの花の集まりで、 無数の小さな花から出来ています。

小さな花の1つに注目してみると、 花で目立っているのは、雄しべです。 同じくブラシ状になる「ウワミズザクラ」や 雰囲気の似た「アスチルベ」では、 花弁が目立っており、違いが見られます。

サラシナショウマ

実は、薬草や山菜にも利用されてきた植物です。 生薬は升麻といい、補中益気湯のような、 有名な漢方薬の処方にも用いられています。 また、名前は「若菜を茹で、水にさらして食べた」 ことに由来しており、山菜として利用したことから 名前が付いています。

みなさまのご来園を心よりお待ちしております。