第19回 水戸徳川家の蘭

場 所 植物館

更新日 平成24年2月29日

水戸徳川家第14代当主 徳川圀斉氏は,洋ランの中でも「パフィオペディルム」にこだわって育種をされました。 育種をして生まれた花にはヤミゾ,カシマ ナダなど,茨城県にちなんだ名前のものがあります。 特に白い花を愛されたので,最もお気に入りの白い花には,常陸太田にある真弓山で採れる白い寒水石にちなみ「マユミ」と名づけています。 こうして育種されてきた花々は,開花期にあわせ,展示会で公開しています。

水戸徳川家の蘭期間 平成24年2月18日(土)~3月4日(日)

個々の花の魅力はもちろん,ボタニカルアートで描いたランもお楽しみいただくことができます。

蘭科協会洋ラン展

徳川圀斉氏が初代会長を務められた愛好会「蘭科協会」の洋ラン展です。 デンドロビウム・パフィオペディルムをはじめ,さまざまな属のラン約200鉢以上をを展示しています。

みなさまのご来園を心よりお待ちしております。